題:血の色が本当の赤色。

  • 2018/05/02(水) 08:13

みなさま、お世話様です。
更新が遅れてすみません。

※毎度の追記校正あり。
最後の追伸まで閲覧されること、
幸です。
------------------------------
現在、当方のサーバーが停止しております。
ご容赦下さい。
それと、本日より、当方のPCも、
時折、停止します。
約1ケ月位ですが、
追記や更新は少なくなります。
なんの事はない、引っ越しをするのですが、
NTTの工事が、3月末から、GWは、
引っ越しのシーズンなので、
思いのほか遅れまてしまいます。

今はWi-Fiスポットしか使えません。
復旧すれば、元の様に更新します。
ご愛顧のほど宜しくお願いします。

------------------------------
今回の「ルパン三世PART5」は、
なかなか面白いですね。
現代社会と噛み合ってますね。
↓「アミ・エナン」CV:水瀬いのり
(ごちうさとは思えないのが凄い)
ルパン三世・アミ
-----------------------------
そうそう、このキャラを知っている人は
お友達です。
ここで笑いましょう(-_-;)
べにまろ
これに、当時対抗したのはコレ↓
らんぽう
-----------------------------
銀英伝は、期待通りです。が、
スピードが遅いので、今回でどう終わるのか、
謎です。
-----------------------------
「ピアノの森」は、
過去記事を見ての通り、
私もピアノ弾きでしたので、
期待しました、が、
ある程度のレベルまで
習った方ならわかると思いますが、

この曲が弾けたら、この曲も弾ける
というセオリーが、微妙に異なっていて、

不思議な感覚です。
例えば、2話だったと思いますが、
ショパンのOP10-1
を弾けるのに、
子犬のワルツが弾けないのは
謎です。

------------------------------
少し三次元に異動します。

ピアノにはテクニックがあります。
それはA~Fで教本に書いてありますが、
OP10-1はとても難しいです。
これは、全音のショパンの教本の、
練習曲集(エチュード集)の一番初めの曲です。
この教本は、テクニックFの曲です。
有名な、「英雄」や「革命」などが続きます。
ちなみにアシュケナージの弾く
OP10-1は凄いですよ。

ちなみに、私のブログの右上の
PIANOは、坂本龍一のグランド
YAMAHA-CFⅢSです。

2010年の大貫妙子との全国ツアー
「UTAU」のPIANOです。
このコンサートツアーは、
私も当然に行きました。
(坂本龍一は譜面台を立てません
楽譜をそのまま置いて弾きます)
RS.png
utau.jpg
私は大貫妙子が好きで、
CDは全部持ってます。
「夏色の服」>という曲があります。
これは、身震いしました。
まさか、ここにきて、
また、夏色(青色)を聴けるとは、
さすが、元・シュガーベイブ、そして、
ネスカフェのCV:大貫妙子と、
↑(本当です)
元・YMOの仲ですね。

なにより、このコンサートは、
お客さんの事はなにも考えていません。


坂本教授と大貫妙子さんの、
二人の世界だけなのは、
流石に大物ですね。
------------------------------
原阿佐緒:文学アルバム「漂白」より
上記の写真を天然色にすると・・・↓
原 阿佐緒 先生 縮小版
私は、ここに行きたいとなれば、
まず、行きます。
上記の女性は与謝野晶子の友人、
「原 阿佐緒」女流歌人です。
この実家(記念館)と↓
原阿佐緒記念館兼実家2
と、「太宰 治」
の実家(斜陽館)↓
斜陽館
太宰 治「晩年」の口絵写真27歳
に、実際に行ってみると、
この二軒は、大きさの差はかなりありますが、
とても似ています。

中もそうです。不思議なことに、
同じ空気に包まれます。

大正時代の文豪の実家に
共通点があったとは、
正直驚きました。
-----------------------------
また、
「艦これ」と、
艦これ・2018冬イベ瑞鶴改
今噂の「アズールレーン」
アズールレーン
擬人化などを比べようとしているのですが、
いかんせん、忙しくて出来ません。

サーバー等、落ち着いたら
レポートします。
-----------------------------
たまにクイズでも勝手にしてみます。

さて、以下のキャラの名前がわかった方は、
お友達です。

ヒントは、太平洋戦争末期です。
そして、花の名前です。
ザ・コクピット・桜花
(結構古いので、画質はご容赦ください)
-----------------------------
では、以下は、変わらぬ記事となっております。
(セーラームーン特集は、準備中です)
-----------------------------------------------
それでは皆さまごきげんよう (っ^ω^)っ


------------------------------
追伸(追記)

本当は、>血の
です。
これは、リアルと創造の世界を生きれば、
わかります。

まず、今回のルパンPART5はそうです。
そのからくりに、皆は驚きます。

でも、実際には、これは行われている?

------------------------------
さて、
世の中とか、生きるとは何だろう?

簡単簡単。執着を捨てれば、
生きる事は死ぬこと。
死ぬことは生きる事を知ります。

「  」と戦えばわかります。

では、現実社会では?

そうですね、、
ルパンでも、芥川でも、
超法規でも、

「信頼を失えば、とても辛く、
たとえそれを乗り越えても、
解決しない事、、、
に。
忘れず、感謝をこめて生きましょう。」

かくゆう私がそうでした。
------------------------------
若い頃は、
タバコはジタンかマールボロ。
酒はGIN
身なりはレノマ
車はBMWとか、

様は、酒と涙と男と女の世界です。
正直、私は、そのような世界は合いません。

だからといって、
過去記事を閲覧されている方々は、

「酒と煙草とセーラームーン」
じゃないの?とでも言いますかね?(笑)

しょこたん(中川翔子)曰く、
「アニメ界の中での最強の戦士は、
セーラームーンだ。」

と、言い切りましたからね。

感謝。
いつも訪問なされている方は、
本当にありがたいです。
------------------------------
私は、元・陸軍中野学校卒、
「たった一人の30年戦争」の
小野田少尉と、対面し、
数分ではあるが、話をした事がある。


その数分、とてつもない時だった。
もう、少尉は、召されてしまったが、
我が苦境にたつと、
少尉が夢に出てくるときもあります。

ですから、
ヴァイオレット・エヴァーガーデン
で、何度も何度も「少佐!少佐!」
と言うシーンに、容赦ないコメントが
ありますが、

本物と偽物の区別のつかない言葉など、
耳には残らない。


それがわかるか?とも、
私からは、言えません。

お金は、最低限。
それでも私はお人形と生きる。

「それを選択した。
実務上、半端ではありません。」


そうですね。
若い頃は、たまたまその水商売がヤクザだったり、

速攻、義理辞めです。
(これがまた大変なのです)

ルパンのような先読みは、
当たり前です。
------------------------------
BEATLESS 13話 「The Prayer Within」
これなどは、地下で進められます。
ですから、ルパン三世を最初に書きました。
ビートレス13
------------------------------
合法であろうが、非合法であろうが、
人を傷つけ貶めることは簡単です。
そこに、日本の負け戦を感じます。

そこには、双方の傷は消えないのです。

これは、実戦から申し上げております。
------------------------------
そして、何もかもが、
自分から離れているようになります。

これは、苦労人なら、
必ず通る道です。
それを逃げてはいけません。
逃げても無駄です。
時を追って、必ず追いかけて来ます。

それを表すのが
生きている骸。その例、

聖女「ベルナデッタ」です。
聖女ベルナデッタ、ルルドの泉png
berunadetta加工
------------------------------
人は死んでも死にません。
これが真実でしょうか、
想い出も、消化することはありません。
だから、私は生きています。
------------------------------
つまり、
勝利の酒とは、
実際に呑んでみても、
あまり美味しくないものと知ります。
------------------------------
ではまた、
ごきげんよう!
------------------------------
なんか、暗いな、
ザザースナザースじゃないけど、
エコエコアラディーア。

んんん?
ま、気楽に生きましょう!!!

2018春アニメの「ヒナまつり」
とおなじですよっ!

と言えばわかるでしょう!
(ヤクザと超能力少女の物語)

これはとても面白いです!
現実味がありますよ。笑顔がでます!
稲中死ね死ね団
私はキャバクラにはいきませんが、
昔、シャンパンタワーやりましたけどね。
ヒナまつり
↑ヒナが空中散歩中です!
------------------------------
事が落ち着いたら、
私のお人形もまた、撮影会に行きます。
------------------------------


スポンサーサイト

∵ この記事に対するコメント ∵

ー怒りと不満を国家にぶつけようー
 むかつく国家。あなたの問題はあなた個人のものではない。
乗せられてはいけない。極めて単純なことであり、あなたの欲求不満と
苛立ち、それはエリート的な人たちの策略である。
 もし個人が個人として不満だけがあるのなら、そのまま滞留させるの
はだめで、対話という幻想は放棄し、国家に与えよう。
 もっと怒ろう。国家に怒ろう。それしか解決法はない。
 もっと怒ろう。国家に怒ろう。集団化しよう。

 わたしは匿名者である

  • 投稿者: -
  • 2018/05/03(木) 05:52
  • [編集]

∵ この記事にコメントする ∵

管理者にだけ表示を許可する